便秘になりやすい原因

妊婦

妊婦さんは便秘に悩まされている人がとても多いです。妊婦さんが便秘になりやすいのには原因があるのです。

妊娠中は女性ホルモンの1つである、黄体ホルモンの分泌が増えます。このホルモンは体内の水分量を維持し大腸からの水分吸収を促進するので、便の水分が不足してしまう為便秘の原因になってしまいます。

また、妊娠中は飲んだ水分が赤ちゃんに行きやすくなり便の水分が不足してしまいます。

つわりで食事や水分が取りづらくなると、その分水分の摂取量そのものがもちろん減ってしまうので原因になります。

そして、赤ちゃんが成長していくと子宮も大きくなり腸を圧迫し、便の通り道が狭くなってしまう事も原因の1つです。

妊娠中は運動不足になりがちで、その為腹筋が衰えていきむ力が弱くなってしまう事も原因になります。

便秘にならない為にする事

妊婦さんの便秘解消の方法は色々あります。まず、オリゴ糖、ヨーグルトを食べて乳酸菌を増やす方法です。

食品でいうと玄米や食物繊維が豊富な野菜を取る事も良いです。

また、あまり食事が取れないという方は朝起きたら白湯を飲むのも便秘解消になります。妊娠中は水分不足になるので意識的に飲むようにしましょう。

飲み物ではルイボスティーもおすすめです。ルイボスティーはノンカフェインなので妊婦さんも飲め便秘解消の効果も期待できます。

また、軽い運動をする事も心がけましょう。便秘解消法を色々試して効果がなかった場合は、薬に頼りましょう。しかし、市販の薬は子宮を収縮させる作用を持つ成分が含まれている物があるので、医師から処方された薬を飲むようにして下さい。

腸内から便秘解消

最近テレビや雑誌などでよく見聞きするようになったビフィズス菌は、腸内で働く善玉菌の一種です。乳酸品やビフィズス菌サプリなどで腸内のビフィズス菌を増やすことによって、便秘解消効果も期待できるのです。

ビフィズス菌は胃酸に強いので、体内に入っても長時間働き続けることが出来ます。腸内で酢酸を作り出し、ビタミンB群や葉酸などを生成します。これにより、腸の不調が原因となる便秘や肌荒れ、腹痛や下痢などの症状を改善し、毎日を健やかに過ごしやすくなります。

ビフィズス菌は、ヤクルトやヨーグルトなどの乳製品に多く含まれており、妊婦でも安心して摂り入れることができます。乳製品が苦手な方はサプリメントから摂り入れることも可能なので、定期的に摂取して便秘の予防に役立てると良いでしょう。 乳製品

おすすめの記事