足の甲で踏ん張る

外反母趾は、昔から欧米人に多い病気と言われてきましたが、最近では生活環境の変化が影響し、日本でも急速に増えている病気です。特に、家の中で裸足で過ごさない人や、長い時間、靴を履いて過ごす人は、足の指先を使う機会が減るため偏平足になりやすいと言われています。最近では、生まれつき偏平足である人も多く、このような足の形の変形が外反母趾の原因とも言われています。

 

外反母趾になると、親指の付け根が極端に飛び出てしまうため、物が当たるだけでも痛みが生じ、なかなか合う靴を見つけることが困難となります。そこで、痛みを防ぐためにゆったりとした大き目のサイズを選びがちなのですが、それにより歩く姿勢が悪くなり、ますます症状が悪化することも考えられます。人間の足には「踏ん張る」という本来の役目があり、これを無視した靴を選ぶと足の痛みが進行するだけでなく、体のあらゆる部分に悪影響を及ぼしてしまいます。まず、外反母趾の方は足の甲でしっかりと踏ん張ることができ、つま先が広めでかかとが安定している靴を選ぶことが大切です。先が広く作られたデザインだと、つま先や指の部分に靴が当たって痛みを生じることが無く、足の甲でしっかりと踏ん張って歩くことができます。

 

また、靴の内側部分が足の裏としっかりフィットしていて、歩いた時にズレずに動けることが靴ズレ防止に重要です。その他にも、足のサイズに合っており、適度にクッション性があること、洋服とのバランス、左右どちらかが外反母趾の場合は左右のバランスなども重要になってきます。外反母趾用に作られた靴は、一万円以上する物もあり高価ですが、正しい靴選びをすることが症状を抑え、歩くことの楽しさを養うと言えます。楽しくお出掛けしたり、普通に日常生活を送るためにも、自分の足に合った靴選びをすることはとても大切です。

治しても気を抜かないこと

足に起こる不快な症状は色々とありますが、その中で女性が悩みとしている上雇用が多いのは外反母趾でしょう。外反母趾になってしまうと、歩くことが苦痛になるため、辛い症状に悩んでいるのならお医者様の力を借りることを推奨します。現在では、良い治療方法がたくさんありますので、外反母趾から解放されるためにしっかりと治してしまいましょう。

 

ただし、無事にお医者様に外反母趾治してもらえたとしても、今後の生活に気を抜いてはいけません。特に、靴の存在はとても大切なので、もう二度と外反母趾に悩まされないためにも、余裕のあるものを購入して履くようにしましょう。しかし、大きめの靴ではオシャレなものは少ないため、身なりに気をつけている女性の場合は、履きたくないと感じてしまう状況もあるはずです。その場合は、現在では外反母趾の対策がされた靴が開発・販売されていますので、そちらを毎日履くことをオススメします。

 

外反母趾に対応している靴の中には、オシャレをしっかりと考えてデザインされている製品も数多くあり、今までのものと遜色なく毎日の生活に活用できるでしょう。なお、普通の靴屋では、外反母趾に対応した製品を取り扱っていない場合もあるため、インターネットの利用もオススメできます。それは、オンライン通販ならば、色々なデザインの製品が販売されていて、サイズも豊富に揃っているからです。もちろん、足に合ったサイズを選ぶのがもっとも大切な条件のため、デザインは二の次として考えるべきでしょう。

おすすめの記事